自力で外資系転職先を探す時のデメリット

それぞれの企業が求めている人物について把握しにくい

自力で外資系転職先を探すときには、各企業が求めている人間像について把握しにくいことから、内定が出るまでに時間が掛かりやすいといったデメリットがあります。また、外資系企業での勤務経験がない人は、求人票を確認しただけでは職種や業務内容、職場の雰囲気など大事なポイントが分かりにくいこともあります。そのため、なるべく人材紹介会社などのプロを頼りにせずに転職活動をしたい場合には、外資系企業の人事担当者や現役社員と話ができるイベントに参加をしたり、早いうちに適性診断をしたりすることがおすすめです。なお、実際に外資系企業に長く勤めたことのある人にアドバイスを受けて、各業界で業績が良い企業の特徴をリサーチしてみるのも良いでしょう。

転職をしてから業務内容にミスマッチを感じることもある

自分で求人情報誌や転職サイトなどを使って外資系転職を行う場合には、転職をした後に業務内容にミスマッチを感じるリスクが高くなります。そのため、スムーズに新しい業務に慣れて職場内で重要な仕事をこなすために、求職中にじっくりと自分のキャリアを活かせる企業を選ぶことが肝心です。例えば、中途採用者の受け入れが活発な外資系企業の中には、求職者のために無料で転職活動の相談に対応したり、職場見学会を実施したりするところもあるため、志望企業の事情をよく調べておきましょう。その他、外資系企業の職種や業務内容について詳しく知るうえで、必要に応じて転職希望者の間で人気のビジネス誌や情報サイトを使って知識を身に付けることが大切です。

© Copyright Foreign-affiliated Various Jobs. All Rights Reserved.